スケジュールを共有できるメリット

大企業では社員数も多く仕事の分担も細かく細分化されているために、自分の仕事以外の動きがわからず、自分の仕事は歯車のひとつでしかないと思う人も多くいたのです。

働くことに対するモチベーションを持続させるためには、会社への帰属意識が大切で、自分の仕事が今会社にどのように関わっているのかを実感できて初めて働き甲斐を感じる社員も多くいたのです。働き方も自分が与えられた仕事だけを考えてすればいいという方法から、全員が経営者的な視点から考えて動けるようなことを希望する企業が多くなっています。

そのように社員の働き方を変えるためのひとつの方法とした社内イントラに社員それぞれのスケジュールを記入して他の社員とも共有するような仕組みを導入する企業が多くなったのです。
スケジュールを確認することで、自分以外の人の動き、つまり会社全体の動きが把握できるようになります。

その動きの中で、自分の仕事の関わり方や役割を知って、今よりも良くするためにはどうしたらいいのか考えるようになります。

そのような意識を社員で共有することで企業は成長を続けることができるようになります。

livedoorニュースの情報はココで集まります。

例えば自分の仕事を進める上で上司に確認を取るにしても上司のスケジュールを把握していないと、いつ在社していて確認がとれるのかがわからないのです。



上司が在社している日を自ら期限として設定して仕事を進めてスケジューリングしていうことが重要になります。



そういう部分にもスケジュールが共有できるメリットがあります。