スケジュールの共有化で業務効率アップをはかる

企業において、上司、同僚、部下等のスケジュールを共有することにより、だれがどのような工程や打合せがあるかを理解することができる大変重要なことです。


個人のスケジュールをいちいち確認する手間が省け、また業務の進行状況も把握できます。


当社ではスケジュール管理ソフトを導入しています。



これにより、社長から先日入社した人まで当日の予定だけではなく、1週間程度先まで予定を確認することができます。



導入直後は各人非常に戸惑いがあり、入力にも時間が掛かりましたが、週末に来週一週間分の予定を記入し共有することが徹底されてからは、みな時間を掛けずに入力を終えることができるようになりました。


ただし、予定はあくまで予定であり、日々変化します。
これをその都度書き換えることにより正確に予定を公開することが出来ます。

スケジュールの共有化は上司がどのように動き、また部下がどのように動いているかを各人の立場で知ることができ、スムーズな業務進行が可能になると思います。

それまで、共有をしていなかったときは、だれがどんな業務をこなしているのか不明瞭であり、上司は部下に進行状況を日々確認し、また、部下は上司が何のために外出しているのか、社内でパソコンをいじっているが何をしているのかほとんどわからない状態でした。

スケジュールの共有はある程度の人数で動く場合に非常に利点が多く、マイナス要素は少ないのではないのでしょうか。
進行状況を把握するには非常に有効な手段です。

マイナビニュースに関してはこちらのサイトをご覧ください。